丸山 アレクサンダー

代表取締役社長

カナダにあるSimon Fraser University卒業後、ファイナンシャルアドバイザーとして働き、28歳で日本に帰国。
2010年より大手外資系ヘッドハンティング企業に入社。
担当領域は、外資系金融企業のミドルオフィス・オペレーション(営業サポート)で、候補者とクライアントの両方を360度ケアしていた。
又、個人実績として年間1.3億円を超える売上げを叩きだしたこともあり、日本を含む東南アジア地区600人のトップに立ち、アジアレコードを作った。
8年半の勤務のうち、5回日本1位、3回アジア1位の実績がある。

2019年1月にTM Agency, Inc.を設立し、現在は7人の優秀なスタッフにも恵まれ、これまでに1,000名以上の候補者の転職を支援してきた実績がある。
計14年以上のヘッドハンティングの経験を活かし、主にコンサルファーム業界、金融、Fintech/Web3、IT業界の正社員、業務委託、契約社員の案件に取り組んでいる。2020年5月以降、派遣社員の支援も開始した。                                   
ご質問がある場合やキャリア相談にご興味がある場合は、お気楽にご相談ください。

連絡先

Q&A

リクルーターになった理由:

Honestly, I didn’t know what recruitment was at first but they explained to me that it’s a form of sales job with unlimited earning potential. I knew I am good at sales so I tried. Learned to like recruitment over the years as it’s dealing with people and especially dealing with most important part of everyone’s life cycle.

TM Agencyを立ち上げた理由:

In my previous experience at big firms like, I often found myself restricted in the extent to which I could assist my candidates and clients. The bureaucratic structure and limited flexibility within these firms hindered my ability effectively support my clients. Moreover, navigating through internal politics was a common challenge, prompting me to envision a different approach to recruitment.

Thus, my aspiration was to establish a firm that embraced transparency and openness, devoid of any internal politics. I wanted to create an environment where everyone, regardless of their position, had equal opportunities to grow, learn, and succeed while respecting one another. The objective was to foster a culture where collaboration was paramount, and all team members could contribute to the success of our clients and candidates.

専門分野

コンサルティング

エグゼクティブ、戦略、DX、IT、オペレーション、マーケティング

金融サービス

ミドル・バックオフィス、オペレーション、KYC/AML、コンプライアンス

フィンテック

暗号資産、ブロックチェーン、Web3

上部へスクロール